HOME > CONIT Labs.

CONIT Labs.

Huff Puff Volley: The next in a great line of cute Japanese games


At long last, my childhood dream has been fulfilled: I got to help make a Japanese video game. Sure, even if my part was simply to do some English translations, it’s still cool!

Like Mortal Kombat meets Hello Kitty, you play badminton against your enemies to make your way to the end. The game takes place at the ends of your imagination: somewhere in a Chinese forest.
It has everything that you’d expect from a Japanese video game. Cute, dancing animals. 3d graphics. And even a YouTube video that is more Japanesey than the latest Utada Hikaru album or bucket of KFC on Christmas. And in true Japanese comical quirkiness, you control your animal’s play not with your fingers, but by blowing into your iPhone’s microphone.

Of course, it’s for iPhone/iPod touch. And completely free to download. I know I’m a little bias, but when it’s free, why not give it a try?

自分のサービスとTwitterの連携(OAuth)


とあるアプリで、Twitterにも情報を流したい!
しかも、TwitterクライアントからPostした様にしたい!
そんな要望があり、データベースにユーザーID、パスワードを持たせれば良いいじゃん!と言う話もあったが、セキュリティー的にNGでしょって事で却下。
じゃー、毎回ユーザーID、パスワードを入力させればいいじゃん!などと言う話もあったが、ユーザビリティー的にNGでしょってことで却下。
さて、どうしたものかと実装を先送りにしていたら、Davidからの情報でOAuthを使えば大丈夫じゃないとの事で、そのあたりを調べてみました。
Twitterのドキュメントによれば、
oauth/request_token
oauth/authorize
oauth/authenticate
oauth/access_token
を使えと。
元のソースを見るとOAuth Core 1.0 6. Authenticating with OAuthさっぱりわからん。。
次にたどり着いた記事は、gihyou.jpのゼロから学ぶOAuth
この例では、smart.fmを取り上げているけど、それをTwitterに置き換えれば、なるほど流れは理解できました。
簡単に言えば、ユーザー、コンシューマ(自分のアプリ)、サービスプロバイダ(Twitter)が登場人物として存在する。
ユーザー <==> コンシューマー の間で信頼関係(サービスを利用している)ができていて、さらにユーザー <==> サービスプロバイダー の間でも信頼関係ができている。
なので、ユーザーがOKを出せば、コンシューマー <==> サービスプロバイダー間でもユーザーの情報に関して信頼関係ができてもOKではないかと。
これを「アクセス権の委譲」と言うらしい。
さて、実装はと言うと。。。
こちらのサイト twitterでOAuthを使う方法(その1:認証まで)がわかりやすく解説してくれてました。
TwitterのサイトPHPの実装サンプルもありましたので、それを利用して今回はテストしてみます。
・アプリケーションの登録
さっそく、Twitterにアカウントを登録して、Cosumer Token/Secretを発行してもらいます。
・ユーザーとコンシューマーとサービスプロバイダー間で、アクセス権の委譲を行う。
ダウンロードしたサンプルに含まれている
・OAuth.php
・twitteroauth.php
をパスが通っている場所に格納します。
/** オブジェクトを生成します **/
$connection = new TwitterOAuth(“コンシューマーキー”, “シークレットキー”);
/** トークンを要求します(6.1.1. Consumer Obtains a Request Tokenの部分) **/
$request_token = $connection->getRequestToken(“Callback URL”);
oauth_tokenとoauth_token_secretが帰ってくるので、どこかに保存します。
/** ユーザの許可を得る(6.2. Obtaining User Authorizationの部分) **/
$url = $connection->getAuthorizeURL($request_token);
生成された、URLにリダイレクトさせます。
ユーザーには以下のような画面が表示されます。

ユーザーが許可ボタンをクリックすると、Twitterの画面で登録したCallbackのURLが呼ばれますので、渡されてきたoauth_verifierを一時的に保存する。
/** オブジェクトを生成します **/
$connection = new TwitterOAuth(“コンシューマーキー”, “シークレットキー”,”6.1.1.で取得できたoauth_token”,”6.1.1.で取得したoauth_token_secret”);
/** アクセストークンを取得する(6.3. Obtaining an Access Tokenの部分) **/
$access_token = $connection->getAccessToken($params['oauth_verifier']);
正規のoauth_tokenとoauth_token_secretが帰ってくるので、これを最終的な情報として保存します。
・TwitterのAPIを使う
/** オブジェクトを生成します **/
$tw = new TwitterOAuth(“コンシューマーキー”, “シークレットキー”,”6.3.で取得できたoauth_token”,”6.3.で取得したoauth_token_secret”);
/** つぶやく **/
$tw->post(‘statuses/update’, array(){‘status’ => ‘Hello Twitter!’});
これで、つぶやきが登録されます。
今回は、サンプルに含まれているOAuth.php、twitteroauth.phpを利用したので、上記で登場したパラメータ以外のパラメータは指定していませんが、実際には
oauth_signature_method
oauth_signature
oauth_timestamp
oauth_nonce
oauth_version
なども指定する必要があり、oauth_signatureにはリクエストに含む情報を結合した文字列を特定のアルゴリズム(TwitterはHMAC-SHA1)で処理して、base64エンコードした値を設定する必要があります。
詳しい情報は、9. Signing Requests

Loving jQuery


Hello, it’s David again.
For my latest project, I’ve been given the task of building a simple, web-based image editor. This editor will pull images from flickr, allow the user to edit them, then save the edited images in a zip file.
For the server-side, we’re pretty much stuck with PHP. However, we have some freedom on the client-side. I went back and forth on the right technology for this task. I’m pretty comfortable with Flash and Flex, and assumed this might be a good task for Flash.
However, I also decided to check out jQuery, the powerful Javascript-based library that’s been getting a lot of attention lately. And I’m really happy with my decision!
A couple reasons why.
-Unlike Flash, jQuery requires no plugins, no special SDK, and no “compiler”. All you need is an HTML editor and a sense of adventure.
-Everybody knows how to use Javascript. If this tool ever needs to get updated, it is much easier for me to pass it off to someone else.
-There is plenty of documentation, examples, and tutorials for jQuery. I was able to build most of the functionality around a couple of simple tutorials I found on the Internet. One key resource was the jQuery UI.
If you haven’t used jQuery, I highly recommend checking it out!

  • 2009年12月01日
  • HTML

コニット開発室

CONIT Official Tweet

CONIT Facebook FanPage

CONIT BLOG

株式会社コニット

SamuraiSmartphoneServices

Buy and take only medicines from online pharmacy ,]}$ drugs online has affordable prices. Brand name drugs Canadian pharmacy [*}: compare drug prices Canada delivering medicines at your door. Free online consultation at https://canada-pharmacy-store.com <;) order cialis highest value and quality. Is it legal to mail prescription drugs? Yes, Canadian drugs [.($ order viagra . After ordering you will be contacted by our managers and agree on the delivery details.