HOME > CONIT Labs.

CONIT Labs.

Androidプッシュ通知(GCM)のAndroidアプリサンプルコード


こんにちはSSSP佐々木です。

 

SamuraiNotification開発チームでは、Googleさんから突然発表されたにも関わらず

光陰矢のごとくGCMに対応しました。

 

 

早速GCMバージョンのAndroidサンプルアプリをGitHUBに公開しましたので、

ご説明します。

 

C2DMからGCMに乗り換える為のアプリ変更点

C2DM時代はSenderID(eメールアドレス)を使って、registrationを行いましたが、

GCMになってからは、Google APIConsoleでプロジェクトを作成し、そのプロジェクトのIDを

SenderIDとして使います。

それ以外は特に特記すべき変更点はありません。

 

 

下準備

1.こちらのSamurai Notificationページからアカウントを開設してください。<http://www.conit.jp/product/service2.html
1ヶ月はお試し無料ですので、アカウントを作成して実験が終わったらば1ヶ月以内に、削除してください。
アカウント登録後にアプリを新規作成し、Sandbox環境の「アクセスTOKEN」と「APIサーバホスト名」をメモしてください。

2.こちらの記事を参考にGoogle API Consoleにてプロジェクトを作成してください。

Samurai NotificationがGoogle Cloud Messaging for Android(GCM)に対応しました!<http://www.conit.co.jp/conitlabs/?p=1730

プロジェクト作成後にそのプロジェクトConsole画面のURLから「プロジェクトID」をメモしてください

URLの中にあるこのような数字がプロジェクトIDです。=>#project:22**********1

 

 

サンプルアプリダウンロード

ソースコードはGithubにあります。<https://github.com/CONIT/SSS-SN-ANDROID-EXAMPLE1

cloneでもzipでもforkでもどちらでもok。

ダウンロードしたらEclipseでプロジェクトのインポートを行って読み込ませてください。

README.mdも良く読んでおいてくださいね。

 

 

改造

1.下準備にてメモしておいた「アクセスTOKEN」と「APIサーバホスト名」の設定

アクセストークンは、src/jp/co/conit/sss/sn/ex1/util/SNApiUtil.java 44行目のSN_TOKENに定義してください。
サーバーホスト名は、src/jp/co/conit/sss/sn/ex1/util/SNApiUtil.java 46行目のSN_DOMAINに記述してあるホスト名に置き換えて下さい。

2.下準備にてメモしておいた 「プロジェクトID」の設定

GCM sender IDは、src/jp/co/conit/sss/sn/ex1/util/SNApiUtil.java 42行目のSENDER_IDに定義してください。

 

以上でサンプルソースの改造は終了です。

 

 

テスト

アプリを起動し、画面上部の「プッシュ通知設定OFFー>ON」のボタンを押してください。

2〜3秒後にSamuraiNotification管理画面のデバイストークン一覧画面に、登録されるはずです。

 

デバイストークンが登録された事を確認し、GCMプッシュ通知をテスト送信してみます。

管理画面から、メッセージ登録の画面を開き、適当にメッセージを入力して登録ボタンを押してください。

Googleサーバの混みぐあいにもよりますが、即時〜1時間程度でアプリにメッセージが届きます。(まれに来ない場合もあります)

Notificationバーに通知が出ている事を確認してください。

 

※サンプルアプリでは、オプションのデータ送信サンプルとして

管理画面からオプションに数字を入力すると、受信時にアプリのフォントサイズが変わる。

といったデモも含まれております。

 

サンプルアプリ画面

 

 

 

リリース

アプリのアクセスTOKENをSandbox用から、Live用に変更してGooglePlayストアにアップロードします。

Live用のアクセスTOKENに書き換えないと各種レポートツールやアクセス解析ツールなどが機能しませんし、

サーバもテスト用の遅いサーバのままになってしまいますので

間違いなくLive用のアクセスTOKENに書き換えてからリリースしてください。

 

 

関連記事

Androidプッシュ通知がC2DMからGCMに変わりました <http://www.conit.co.jp/conitlabs/?p=1725

Samurai NotificationがGoogle Cloud Messaging for Android(GCM)に対応しました!<http://www.conit.co.jp/conitlabs/?p=1730

引き続きSamurai Smartphone Serviceをより良くバージョンアップしていきますので
宜しくお願い致します。

===

SamuraiSmartphoneServices> http://www.conit.jp/

SamuraiNotification> http://www.conit.jp/product/service2.html

Samurai NotificationがGoogle Cloud Messaging for Android(GCM)に対応しました!


こんにちは大砂古です。

 

Googleの提供するプッシュ通知サービスがC2DMからGCMへと変更になるという発表から1週間。

遂にSamurai NotificationのGCMへの対応が完了いたしました!

 

Samurai NotificationではGCMを利用したpush通知の際に必要なサーバー処理を提供していますので、

今回はGoogleへのGCM利用登録〜Samurai Notificationの利用までの手順をご紹介したいと思います。

 

1. Google APIコンソールにプロジェクトを作成してGCMの利用登録を行う

GCMを利用するにはGoogle APIコンソールにプロジェクトを作る必要があります。

お手持ちのGoogleアカウント、もしくは新規アカウントを開設してログインしていただき、Google API Console にアクセスして下さい。(https://code.google.com/apis/console/)

これまでにこのAPIコンソールにプロジェクトを作成したことがなければ、「Create project …」というボタンが表示されますので、こちらをクリックしてプロジェクトを作成して下さい。

 

 

(すでにAPIコンソールにプロジェクトをお持ちの場合は、新たなプロジェクトを作成していただくことをお勧めします。

これはGoogle API Console のプロジェクトはアプリケーション毎に管理されているためです。

プロジェクトの作成は Google API Console の左上にあるプルダウンメニュー内、Create…リンクより行うことができます。)

 

2. APIコンソールからGCM利用登録を行う

プロジェクトの作成ができたらGCMの利用登録を行います。

APIコンソールのページ左のメニューから「Services」を選択して、一覧の中から「Google Cloud Messaging for Android」の「OFF」になっているトグル部分 をクリックして下さい。

GCMの利用が初めてのときに規約が表示されますので、これを「submit」するとStatusが「ON」に切り替わり、GCMの利用が可能な状態になります。

3. サーバーに登録するAPI Keyを取得する

次にGCMを利用する際にサーバーに登録しておく必要があるAPI Keyを取得します。

APIコンソールのページ左のメニューから「API Access」を選択してください。

表示されたページにある「Create new Server key…」ボタンを押すとダイアログが表示されます。

ダイアログ内に入力欄がありますが、これはひとまず未入力で問題ありませんのでそのまま「Create」ボタンを押します。

すると新たに Key for server apps (with IP locking) が作成され、API Keyが発行されます。

 

4. Samurai NotificationにAPI Keyを登録する

最後にSamurai NotificationへのAPI Keyの登録です。

 

(※Samurai Notificationの利用にはSamurai Smartphone Servicesのアカウントが必要となります。

アカウントの作成はこちらのサイト(http://www.conit.jp/)からご利用をお申し込みください。)

 

Samurai Smartphone Servicesの管理画面にログインして、「アプリケーションを登録する」ボタンから新たにアプリを登録します。

(既存のアプリで利用する場合には、ダッシュボードで対象のアプリケーションを選択して「アプリケーション編集」からAPI Keyの登録を行なって下さい。)

 

アプリケーション名を入力して、利用サービスにSamurai Notificationを選択、対象マーケットにGoogle Play Storeを選択すると「Google Cloud Messaging for Android」というAPI Keyの登録欄が表示されますので、こちらに先ほど取得したAPI Keyを登録して下さい。

登録欄には「開発用」と「製品用」の2種類がありますので、アプリの用途にあわせて登録して下さい。

そして最後に「登録」ボタンを押すと、Samurai Notificationへの登録が完了します。

 

 

以上がGoogleへのGCM利用登録〜Samurai NotificationへのAPI Key登録までの手順となります。

あとはアプリからregistration IDを登録すれば、push通知を送信できる状態となりますが、

アプリ側でもGCMへの切り替えとSamurai Notification利用のための組み込みが必要となります。

こちらの手順については、また後ほど別の記事で解説させていただきます。

=>実装手順記事<http://www.conit.co.jp/conitlabs/?p=1759

 

Samurai Notification Android版は現在β版として公開中です。

β公開中はお申込みいただいた先着20社様限定で無料でSamurai Notification Android版をご利用いただけるキャンペーンを行なっておりますので、この機会に是非お試ししてみてはいかがでしょうか!

 

 

 

コニット開発室

CONIT Official Tweet

CONIT Facebook FanPage

CONIT BLOG

株式会社コニット

SamuraiSmartphoneServices

Buy and take only medicines from online pharmacy ,]}$ drugs online has affordable prices. Brand name drugs Canadian pharmacy [*}: compare drug prices Canada delivering medicines at your door. Free online consultation at https://canada-pharmacy-store.com <;) order cialis highest value and quality. Is it legal to mail prescription drugs? Yes, Canadian drugs [.($ order viagra . After ordering you will be contacted by our managers and agree on the delivery details.