HOME > CONIT Labs.

CONIT Labs.

メッセージ履歴取得APIのサンプル公開


こんにちは、いちかわです。

先日公開したメッセージ履歴取得APIのサンプルアプリについて紹介したいと思います。

サンプルアプリはGithubで公開していますので、興味が有る方はダウンロードしてみてください。
メッセージ履歴取得APIのサンプル
(Android版に関しては後日公開予定)

このサンプルでは、メッセージ履歴取得APIから取得したメッセージを一覧表示します。

一覧の中で、右側に矢印みたいなアイコンが表示されていますが、これは対象のメッセージにユーザーデータが含まれている場合に表示しています。

ユーザーデータは管理画面から入力できるもので、通知として表示されない情報となります。
このサンルではユーザーデータが指定されているメッセージを通知センターから開く、もしくは一覧上でタップすると、データの内容がURLであれば、サファリで指定されたURLを開きます。
URL以外の場合は、別の画面にその情報を表示します。

メッセージ履歴取得APIではこのような情報も取得できますので、過去のお知らせ情報一覧をアプリ内に表示することができ、お知らせをタップすれば任意の処理を行うことが可能になります。

簡単なニュース一覧みたいなものであれば、わざわざサーバを用意してニュースを書いたHTML置くといった必要はなく、このメッセージ履歴取得APIで実現できるのではないでしょうか。

すでに、Samurai Notificationを利用しているお客様はすぐにでもこの機能は使えますので、APIのドキュメントを参考に組み込むことができます。
メッセージ履歴取得API

Samurai Notificationをまだ利用されていないお客様は、是非お試しください。
サービスについて
Samurai Smartphone Servicesお申込み

メッセージ履歴取得APIのご紹介


こんにちは、大砂古です。

 

この度、Samurai Notificationに新しいAPIが追加されました。

その名も メッセージ履歴取得API

名前のとおり、これまでに送信したメッセージの履歴を取得するためのAPIとなります。

このAPIを利用することで、指定した全タグを含むメッセージとタグが1つも指定されていないメッセージの

最新20件までを取得することが可能です。タグは複数指定することも可能です。

(※APIの詳しい仕様については開発者ドキュメントをご確認下さい。)

 

また、iOS向けのメッセージ登録画面でも「オプション」を入力できるようになりました。

Android向けメッセージ登録のオプションと同様に、任意の文字列が入力可能です。

これを利用して、

  • ・プッシュ通知からアプリ内の特定の画面を開く
  • ・プッシュ通知から直接ウェブページを開く

といったような実装も可能です。

アプリケーション制御の付加情報等として利用してください。

 

これまでユーザーは一度プッシュ通知を確認して通知が消えてしまうと、

通知された内容を再確認することができませんでしたが、

履歴取得APIを利用すれば、少ない工数でアプリ内への過去のプッシュ通知の一覧表示が可能となります。

こうした一覧には、

  • ・すでにプッシュ通知を受け取っていたユーザーの利便性の向上

というメリットだけでなく。

  • ・通知を確認していなかったユーザーにもアプリ内で通知内容を確認してもらうことが可能

というメリットもありますので、是非メッセージ履歴取得APIをご活用ください!

 

今後もSamurai Notification、並びにSamurai Purchaseではさらなる利便性向上を目指して

サービスの改善を行なって参りますので、引き続きよろしくお願い致します。

 

==============================================

Samurai Smartphone Services  http://www.conit.jp/

Samurai Notification http://www.conit.jp/product/service2.html

 

Androidプッシュ通知(GCM)のAndroidアプリサンプルコード


こんにちはSSSP佐々木です。

 

SamuraiNotification開発チームでは、Googleさんから突然発表されたにも関わらず

光陰矢のごとくGCMに対応しました。

 

 

早速GCMバージョンのAndroidサンプルアプリをGitHUBに公開しましたので、

ご説明します。

 

C2DMからGCMに乗り換える為のアプリ変更点

C2DM時代はSenderID(eメールアドレス)を使って、registrationを行いましたが、

GCMになってからは、Google APIConsoleでプロジェクトを作成し、そのプロジェクトのIDを

SenderIDとして使います。

それ以外は特に特記すべき変更点はありません。

 

 

下準備

1.こちらのSamurai Notificationページからアカウントを開設してください。<http://www.conit.jp/product/service2.html
1ヶ月はお試し無料ですので、アカウントを作成して実験が終わったらば1ヶ月以内に、削除してください。
アカウント登録後にアプリを新規作成し、Sandbox環境の「アクセスTOKEN」と「APIサーバホスト名」をメモしてください。

2.こちらの記事を参考にGoogle API Consoleにてプロジェクトを作成してください。

Samurai NotificationがGoogle Cloud Messaging for Android(GCM)に対応しました!<http://www.conit.co.jp/conitlabs/?p=1730

プロジェクト作成後にそのプロジェクトConsole画面のURLから「プロジェクトID」をメモしてください

URLの中にあるこのような数字がプロジェクトIDです。=>#project:22**********1

 

 

サンプルアプリダウンロード

ソースコードはGithubにあります。<https://github.com/CONIT/SSS-SN-ANDROID-EXAMPLE1

cloneでもzipでもforkでもどちらでもok。

ダウンロードしたらEclipseでプロジェクトのインポートを行って読み込ませてください。

README.mdも良く読んでおいてくださいね。

 

 

改造

1.下準備にてメモしておいた「アクセスTOKEN」と「APIサーバホスト名」の設定

アクセストークンは、src/jp/co/conit/sss/sn/ex1/util/SNApiUtil.java 44行目のSN_TOKENに定義してください。
サーバーホスト名は、src/jp/co/conit/sss/sn/ex1/util/SNApiUtil.java 46行目のSN_DOMAINに記述してあるホスト名に置き換えて下さい。

2.下準備にてメモしておいた 「プロジェクトID」の設定

GCM sender IDは、src/jp/co/conit/sss/sn/ex1/util/SNApiUtil.java 42行目のSENDER_IDに定義してください。

 

以上でサンプルソースの改造は終了です。

 

 

テスト

アプリを起動し、画面上部の「プッシュ通知設定OFFー>ON」のボタンを押してください。

2〜3秒後にSamuraiNotification管理画面のデバイストークン一覧画面に、登録されるはずです。

 

デバイストークンが登録された事を確認し、GCMプッシュ通知をテスト送信してみます。

管理画面から、メッセージ登録の画面を開き、適当にメッセージを入力して登録ボタンを押してください。

Googleサーバの混みぐあいにもよりますが、即時〜1時間程度でアプリにメッセージが届きます。(まれに来ない場合もあります)

Notificationバーに通知が出ている事を確認してください。

 

※サンプルアプリでは、オプションのデータ送信サンプルとして

管理画面からオプションに数字を入力すると、受信時にアプリのフォントサイズが変わる。

といったデモも含まれております。

 

サンプルアプリ画面

 

 

 

リリース

アプリのアクセスTOKENをSandbox用から、Live用に変更してGooglePlayストアにアップロードします。

Live用のアクセスTOKENに書き換えないと各種レポートツールやアクセス解析ツールなどが機能しませんし、

サーバもテスト用の遅いサーバのままになってしまいますので

間違いなくLive用のアクセスTOKENに書き換えてからリリースしてください。

 

 

関連記事

Androidプッシュ通知がC2DMからGCMに変わりました <http://www.conit.co.jp/conitlabs/?p=1725

Samurai NotificationがGoogle Cloud Messaging for Android(GCM)に対応しました!<http://www.conit.co.jp/conitlabs/?p=1730

引き続きSamurai Smartphone Serviceをより良くバージョンアップしていきますので
宜しくお願い致します。

===

SamuraiSmartphoneServices> http://www.conit.jp/

SamuraiNotification> http://www.conit.jp/product/service2.html

コニット開発室

CONIT Official Tweet

CONIT Facebook FanPage

CONIT BLOG

株式会社コニット

SamuraiSmartphoneServices

Buy and take only medicines from online pharmacy ,]}$ drugs online has affordable prices. Brand name drugs Canadian pharmacy [*}: compare drug prices Canada delivering medicines at your door. Free online consultation at https://canada-pharmacy-store.com <;) order cialis highest value and quality. Is it legal to mail prescription drugs? Yes, Canadian drugs [.($ order viagra . After ordering you will be contacted by our managers and agree on the delivery details.