プレゼンテーションソフトを使ってプレゼンテーションをする時、スライドを送るのはどうしていますか? 大抵の場合、スライドを送る作業のみをする人が別にいて、合図やタイミングを見てスライドを送っているでしょう。自分でスライドを送るには、いちいちパソコンの前まで行って操作する必要があり、スマートとは言えません。


より説得力があり、無駄のないプレゼンテーションを行うにはどうしたら良いか? 世界中全てのビジネスマンが、日々頭を悩ませています。


そこで我々は、「プレゼンテーションをより便利にする」こと、「なるべく多くの人が、様々な環境で使えること」をキーワードに、一つのアイデアを具現化しました。それが「TapNext」です。


TapNext」は、iPhone上からプレゼンテーションソフトをリモートコントロールできるアプリです。そして、大きな2つの特徴を備えた最も画期的なプレゼンテーションコントローラーアプリです。

1 当社調べ(2009年4月現在)




最も「使える」プレゼンテーション用リモコン「TapNext (タップネクスト)」が登場!


TapNextは、プレゼンテーション時にiPhoneをリモコンとして使用することができるアプリです。TapNextには、2つの大きな特徴があります。


(1) Microsoft PowerPoint各バージョン(Windows・Mac)、Apple Keynote 3.0/'08/'09、OpenOffice.org Impress各バージョン(Windows・Mac)と、主要なプレゼンテーションソフト全てに対応


(2) Ad-hoc通信だけでなく、Wifi、そして3G回線を利用したリモートコントロールが可能


これらの画期的な2つの特徴を備えたのは、TapNextが世界で初めてです。特に、3G回線からiPhoneをプレゼンテーション用のリモコンとして利用することが可能になることで、あなたのプレゼンテーションに大きな表現力と可能性をもたらすでしょう。

iPhoneとPCが物理的に近い必要もありません。


設定も簡単。Windows、もしくはMacにレシーバーソフトをダウンロードし、インストールします。


Ad-hoc通信の場合は、レシーバーソフトを起動するだけで、iPhone上でTapNextを起動すれば自動的に接続します。

Wifi、3G接続の場合は、レシーバーソフトを起動し、そこに記載される5桁のコードをiPhone上でのTapNextに設定するだけで、WindowsやMacがどんなインターネット環境にあってもすぐに接続できます。


さらに、タイマー機能(カウントダウン&カウントアップ)、設定時刻になるとバイブレーションするアラート機能、ボイスレコーダー機能まであり、あなたのプレゼンテーションを強力にバックアップします。

主な特徴:

Microsoft PowerPoint各バージョン(Windows・Mac)、Apple Keynote 3.0/'08/'09、OpenOffice.org Impress各バージョン(Windows・Mac)と、主要なプレゼンテーションソフト全てに対応

Ad-hoc通信、Wifi、3Gを利用してリモートコントロールすることが可能

PC・Macとの接続が簡単

・カウントダウンタイマー機能

・カウントアップタイマー機能

・アラームバイブレーション機能

・ボイスレコーダー機能



機能説明 (クリックすると大きくなります)





使い方 Movie (for win)




使い方 Movie (for Mac)




比較表



TapNextのダウンロード




コニットWebサイト


Top image

TapNext Images

ver 1.1.0

Setting image (Internet)

Setting image (Adhoc)

TapNext Receiver for Mac

Download for 10.5,10.6 Intel32Bit


TapNext Receiver for Windows

Download for XP(32bit)/Vista(32bit) 1.2.0 (2009/09/06)


TapNext Lite

Lite版はこちら